読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

360゜美人計画

目指せ!4人目のperfume!♡ 美しさに最善を尽くそう。

美人は自分を愛しく思っている♡

f:id:miharhumba:20160512101639j:plain

自分を愛すると綺麗になれる

「労わる」という言葉がありますが、

自分をいたわってあげている人がどこだけいるでしょうか。

無意識に自分のことは後回しにして、彼氏に尽したり、友達に付き合ったり。

自分を大切にできないことが積み重なって、いつの間にか虚しさや寂しさになってしまう。

それを埋めるために、彼氏や友達といった、まわりに求めてしまうから、気づいたら人間関係もうまくいかなくなっている。

それもこれも、全部、自分を大切にしていなかったから返ってきたこと。

美しい人の自分の愛し方をご紹介します。

客観的な視点を持つ

自分のことを、他の誰かだと思って観察してみてください。

こんな汚い部屋に住んでていいの?

そんな食事でいいの?

そんなボロボロの部屋着でいいの?

いろんな疑問が浮かんでくると思います。

また、部屋や机の上をカメラで撮って見ることもおすすめです。

画面を通してみるいつもの風景は、客観的に見ることができます。

あら、わたしこんなに机の上汚かったのね、と第三者目線は大きな気づきをくれます。

自分のことを、自分に一番大事な人・好きな人と同じレベルに上げてみる。

忙しい朝でも、丁寧な朝ごはんを作ってあげたり、

テーブルセッティングを演出してみたり。

大事な人にしてあげたいことを、自分にもしてみてください。

好きな人が仕事から帰ってきたら、綺麗な部屋で迎えてあげたいでしょう?

大事なひとが入るお風呂は清潔でリラックスできる空間にしてあげたいでしょう?

好きな人が1日中外に出かけるときは、日焼けしないようにとか熱中症にならないようにとか、いろんなことを用意してあげるしょう?

それを自分にしてあげる。

好きな人に大事にされたら、それだけでしあわせですよね。

誰かにそれをしてもらうのを待つのではなく、自分で自分に、「当たり前のように」してあげるのです。

特別なことではありません。

自分を大事にするのは当然のことです。

だって、本当にあなたを大事にできるのは、あなたのことを一番知っているあなただけなのですから。

少し頭がいたくても、仕事を頑張ってしまうでしょう?

まわりのみんなは頑張っているあなたを見て、頑張ってるなとしかわからないでしょう。

本当は頭が痛いというのは、言わなければ、自分にしかわかりません。

そんなとき、大事な人や好きな人だったら、どうしてあげたいか考えてみてください。

それを、自分にしてあげるのです。

 

スポンサードリンク

自分を大事にするのは、贅沢なことではない

自分にお金をかけたり、自分に贅沢をさせるのは、どこか気が引けると思う人が多いです。

わたしなんてこんなもんで十分。

どこかでそう思ってしまっている。

そんな風に育てられたから、わたしはお嬢様でもなんでもないから、しょうがないじゃない。

そう思う人がいて当然です。

わたしも、長女として生まれ、物心がつく前からお姉ちゃんなんだから自分でしなさい、我慢しなさい、お母さんは弟につきっきり。

わたしは必要なんだろうか、無意識に自分をないがしろにするクセがついてしまいました。

お金がないから、あんな高いシャンプーは使えない、化粧品なんて使えれば安くていい。

世界で一番大事な自分なはずなのに、そんな価値なんてみじんもないって自分をいじめ続けてきたんです。

だから当然、自分のことなんて好きにもなれません。

f:id:miharhumba:20160512111131j:plain

自分を愛しく思うと綺麗になる

好きな人や恋人をつくる努力をする前に、自分を好きになる努力をする。

努力、というとあまりいいイメージはないかもしれませんが、

認めてあげる、ということです。

自分をちゃんと見てあげるということです。

肌荒れが起きていたら、ゆっくり休める時間を作ってあげる、ちゃんとした食生活を心がけてあげる。

肌荒れが起きた自分を責めるのではなく、そんな自分を受け止めて、抱きしめてあげてください。

足先から頭のてっぺんまで、しっかりと綺麗にしてあげてください。

お風呂上がりには、最高にうっとりするふかふかのバスタオルを用意して、

ほっと嬉しくなるようなパジャマで身を包んであげてください♡

毎朝、鏡に向かって「大好きだよ」「いつもありがとう」ってにっこりしてあげてください。

これは本当に効果があります。